レコード日記(仙台) 2014.11.09

松島に行き1泊した後、仙台へ。

仙台には、未訪問のレコード・ライブラリー、パラダイス・レコード、MAILMAN RECORDSなどもあるのですが、時間などの関係で、今回は、前回滞在時間20分だった「Vol.1」に。

http://instagram.com/p/vKx-LpI7EN/

店内に入ると、yumboのライブ音源が流れていました。仙台のレコード店で仙台のバンドの音源を聴けるというのは、なんだか気持ちの良いものですね。

今回は、前回よりもゆっくりと店内をくまなく見ました。この日は、荷物が多かったこともあり、控え目にレコードを1枚購入。

スティール・パン奏者のAndy Narellの81年のアルバム『Stickman』です。

Andy Narellについては、P-VINEから出ている『Colours Of Groove』というコンピの3枚目に入っている「Yoshimbe」ぐらいしか知りませんでしたが、この曲がものすごく素晴らしかったので、気になっていたのです。 

 

Yohimbe

Yohimbe

  • Andy Narell
  • Jazz
  • ¥150

 

カラーズ・オブ・グルーヴ(3)~グリーン・ドルフィン~

カラーズ・オブ・グルーヴ(3)~グリーン・ドルフィン~

  • アーティスト: オムニバス,ボブ・ドロウ,スティーブ・ウルフ&ナンシー・キング,ナネット・ナタル,ヴィンス・アンドリュース,アーン・エバンス&トレードウインデス,ベルト・リゴン,ケント・グレン,アーニー・クリブダ・カルテット,アンディ・ナレル,バディ・リッチ・ビッグ・バンド
  • 出版社/メーカー: サブスタンス
  • 発売日: 2004/04/28
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 『Stickman』には、「Yoshimbe」は入っていないのですが、Hermeto PascoalやEgberto Gismontiという好みの音楽家のカバーが入っているので、迷わずに購入。

編成が、スティール・パン、ギター、ベース、ドラムという珍しいものだったということも購入の動機になりました。スティール・パンについては、鳴っているだけで、気持良くなれる気がします。ベースはエレクトリックのフレットレスだということも、ぼくの好みにバッチリはまっていました。「Yoshimbe」のようなあっけらかんとした明るい楽曲はないですが、その分、クールでエッジの効いたジャズ・ロックが展開されているアルバムで大満足でした。

「Vol.1」を後にして、前回定休日だった「喫茶ホルン」へ。

http://instagram.com/p/vcZhdyo7Md/

コーヒーを飲んでまったりと。

http://instagram.com/p/vK3BQ-I7Iz/

チキンココナッツマサラも。

http://instagram.com/p/vK_kYQI7Em/

コーヒーが380円、カレーが650円という東京ではなかなか考えられない良心的すぎるお値段で至福の時間を過ごさせていただきました。澁谷さんに以前のライブの感想を言うこともできないまま、お会計して店を出ました。こういうところが自分のダメなところ。一緒に関雅晴さんの『日常』を購入。喫茶ホルンでのライブを収めたアルバムです。ジャケットは、喫茶ホルンの店内を写したものです。このアルバムを聴くたびに、今回の仙台行きのことを思い出すことでしょう。今回も良い旅でした。