tonofon festival 2013@所沢航空公園

所沢航空公園でtonofon festival 2013を観てきました。

開始時間の正午ギリギリに到着し、三田村管打団?がスタート。今日は、ドラム2人にパーカッション1人の豪華編成に加え、トランペットにシラフさん、タイコにあだち麗三郎さんも参加。野外で観るのは初めてでしたが、所沢航空公園という開放的な場所にスゴく似合ってましたね。トロンボーンの方が背中に赤ちゃんを背負っている子育てスタイルなところとか、親子連れの多いこのフェスを象徴していて良かったですね。三田村は、決して演奏がスゴくうまいとは思いませんが(失礼!)、管楽器の楽しさを伝えてくれる貴重なバンドだと思います。最後は、ルイス・ゴンザーガの名曲、キネンジローで〆。幸せな気分になれました。

次は、cero。始まりのときに食べ物を買うために並んでいたので、最初はちゃんとステージ観られず。うーむ、不覚。食べ物買うのに30分以上並びました。。。途中から、ちゃんと席に座って観られましたが、音のバランスも素晴らしくて良かったなー。このサイズの野外ステージは、音響がかなり良い感じがします。ceroは、これからどんどんビッグになっていくんでしょうね。チケットが取りづらくなるのが困りますが、大きな会場で奏でられる彼らの音楽をもっともっと観たいです。日本の音楽史上に残るであろうバンドの「歴史」に少しでも参加できる機会を増やしたいです。で、20年後くらいに、「オレ、ceroのライブ、良く行ってたんだよ」と酒を飲みながら、若いヤツに自慢するメンドくさいオヤジになりたいです!
 
そして、Sam Amidon。バンジョーが良かったなぁ。
次は、ホナガヨウコさんの踊りからのテニスコーツ
ホナガさんの踊りのときには、本日出るドラマーの皆さんがスティックを叩く役で出ていて、面白かったです。ザ・なつやすみバンドのみずきさんも出てました。
テニスコーツも安定の素晴らしさでしたが、終盤でホナガさんが、サックスを吹く植野さんに抱きついて、まるで木登りmeets組体操meetsサンボのような変態的な動きをしていたのが、凄まじかったです。いいもの観れました。
 
トリはもちろんトクマルシューゴ
名曲のオンパレードで、素晴らしかったです。ああいう独特なリズムのうえに、あれだけ美しいメロディを重ねられるというのは、本当に羨ましいですし、感嘆するしかありません。自分が女性だったら、恋に落ちてしまっていたでしょうねwあと、イトケンさんと岸田さんのツインドラムがこれまたたまりませんです。
 
今日のライブは、18時前に終了。
こういう昼間のライブだと、子供連れが多くて、なんだか和めますね。自分は子供好きというタイプってわけではないですが、ライブに来ている親子を見ると、自分にも子供ができて、ライブに連れて来れたら、すごく幸せなんだろうなぁと思いますね。ウチは、まだ残念ながら、子供の予定は全然ありませんが。
 
それにしても、前日に観たviewとの振れ幅がすごかったですが、どちらのライブも甲乙つけがたく、素晴らしいものでした。こういうスゴいライブを目撃できる自分は本当に幸せです。このために、仕事をしてるなぁという気がします。